FC2ブログ

普天間移設に本腰、官房長官が水面下調整

> 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、移設先の取りまとめに当たる平野官房長官が、5月末までの決着に向けて本腰を入れ始めた。

 > 長官はここへきてようやく調整の難しさを実感し始めたようで、22日の記者会見では、米国に配慮して調整を水面下で進めるなど、慎重に対応する考えを表明した。それでも、沖縄などの関係自治体からは「頭越し」との批判が出る可能性がある。

> 長官は会見で、「途中段階で変に情報が漏れると、まとまらないケースもある。十分慎重にやらないといけない」と述べた。また、北沢防衛相が今月中の移設案の絞り込みを求めたことについて「2月中に出す、出さないを決めているわけではない」と述べ、期限の言及を避けた。米国に複数案を提示するかどうかについても「ノーコメント」と述べた。

> ただ、22日の衆院予算委員会の集中審議では「『こういうプロセスで』と頭で描きながら進めている」と述べ、すでに腹案があることを示唆した。

>(2010年2月23日00時41分 読売新聞)


 > 長官はここへきてようやく調整の難しさを実感し始めたようで

 これは少し穿った見方をしているのではないかと思います。……というかそう願いたい。まさか今頃になって本腰は無いでしょう。国民としては、日本の為にきちんと機能する基地が出来れば良い訳で、意見集約のために今は情報を出せないと言うのであれば、それは見守るしかないと思います。
 ただ、地元との意見調整に入れば、どうやっても情報は出てきてしまう訳ですから、その時期によって5月内決着が可能かどうかは見通しが立つと思います。今さらそれは無理という論もありますし、自分もそう思いますが。

 これにからんでもうひとつ。鳩山首相は、移設先の決定期限を5月末とした理由について「昨年12月の時点で、せいぜい半年だなと思った」と発言したらしいですが、何の根拠も無しに対外国的な交渉をして頂いては困ります。


 ↓よろしければクリックお願いします。ランキングに反映されれば意見を頂ける機会も増えると思いますので。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

珈琲喫茶 支配人

Author:珈琲喫茶 支配人
群馬県に住む23歳です。
昨今の政治情勢を憂い、自分に何か出来ないかと思いましたが、まずは政治に詳しくならねばと思い、政治を学ぶためにこのブログを立ち上げました。
今の日本の政策について政治家や評論家の意見を聴くだけなら簡単ですが、自分自身の視点から意見を持つ事が重要だと思うようになりました。
日本の為になる本当の政治について真剣に考えていこうと思います。
政治に関しては完全な素人なので何か指摘があればお願いいたします。

個人的な日常のブログもしています。以前はこのブログで時事問題等も一緒に扱っていたので、よろしかったら見に来て下さい。
珈琲喫茶 Four Seasons

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード