FC2ブログ

「天皇陛下の公的行為」政府見解の全文

> 政府がまとめた天皇陛下の「公的行為」のあり方に関する政府見解の全文は、以下の通り。

> 1、いわゆる天皇の公的行為とは、憲法に定める国事行為以外の行為で、天皇が象徴としての地位に基づいて、公的な立場で行われるものをいう。天皇の公的行為については、憲法上明文の根拠はないが、象徴たる地位にある天皇の行為として当然認められるところである。

> 2、天皇の公的行為は、国事行為ではないため、憲法にいう内閣の助言と承認は必要ではないが、憲法第4条は、天皇は「国政に関する権能を有しない」と規定しており、内閣は、天皇の公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負っている。

> 3、天皇の公的行為には、外国賓客の接遇のほか、外国ご訪問、国会開会式にご臨席になりおことばを述べること、新年一般参賀へのお出まし、全国植樹祭や国民体育大会へのご臨席など、様々なものがあり、それぞれの公的行為の性格に応じた適切な対応が必要となることから、統一的なルールを設けることは、現実的ではない。

> 4、したがって、天皇の公的行為については、各行事等の趣旨・内容のほか、天皇陛下がご臨席等をすることの意義や国民の期待など、様々な事情を勘案し、判断していくべきものと考える。

> 5、いずれにせよ、内閣は、天皇の公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負っており、今後とも適切に対応してまいりたい。

>(2010年2月25日03時04分 読売新聞)


 自分の年代になってくると天皇陛下に特別に感情を抱いている人はあまり見掛けませんが、それでも中国の習近平国家副主席が訪日した時の所謂「天皇の政治利用問題」の時には世間話程度に話にも上りました。

 意見としては、
 ・小沢幹事長は中国に天皇を差し出すつもりなのか
 ・中国からの見返りの方が気になる
 ・羽毛田長官は何故、職を賭して断らなかったのか?対応が中途半端だ
 ・意見を言えない天皇の立場が可哀そう

 と、まぁ色々あった訳ですが。自分の意見としてはやはり、このような前例を作るべきではなかったと思います。内閣が責任を持つ、結構な話ですが結局のところその報いを受けるのは国民です。別にそれはこの問題に限った事ではありませんが、対外国的な問題かつ天皇という日本にとってかなりデリケートな部分でこの判断は如何なものであったか。責任をとるというのは最終的には内閣の解散で、それによって問題が解決される訳ではなく、外国に与えた影響は次の内閣にも影響するのは当然の事です。
 この問題に関しては過ぎてしまった事なので、あまり言っても仕方のない事かも知れません。

 自分が気にするのは、今回の政府見解の3です。統一的なルールを設ける事は現実的ではない、とありますが、これは先の問題をまた繰り返すという事なのでしょうか?統一的なルールを設けて杓子定規に適用されるからこその公平公正な天皇陛下の公的行為ではないかと思います。
 4に説明されているのはその前提ではないか。様々な事情を勘案し、天皇陛下の公的行為の内容を決め、公平公正なルールに則って進めていく。それではいけないのでしょうか?

 
 ↓よろしければクリックお願いします。ランキングに反映されれば意見を頂ける機会も増えると思いますので

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

珈琲喫茶 支配人

Author:珈琲喫茶 支配人
群馬県に住む23歳です。
昨今の政治情勢を憂い、自分に何か出来ないかと思いましたが、まずは政治に詳しくならねばと思い、政治を学ぶためにこのブログを立ち上げました。
今の日本の政策について政治家や評論家の意見を聴くだけなら簡単ですが、自分自身の視点から意見を持つ事が重要だと思うようになりました。
日本の為になる本当の政治について真剣に考えていこうと思います。
政治に関しては完全な素人なので何か指摘があればお願いいたします。

個人的な日常のブログもしています。以前はこのブログで時事問題等も一緒に扱っていたので、よろしかったら見に来て下さい。
珈琲喫茶 Four Seasons

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード