FC2ブログ

社民、参院比例に新社会党幹部の擁立検討

 同じ旧社会党に源流を持つ社民党と新社会党が、参院比例選への“共通”候補擁立を検討していることが分かった。

 関係者が20日、明らかにした。具体的には新社会党の原和美副委員長(60)が社民党に入党し、社民党公認として出馬する方向だ。新社会党は旧社会党内の最左派勢力で結党された経緯があり、連立与党内にきしみが生じる可能性もありそうだ。

 原氏の擁立構想は、社民党支持の市民団体が同党に持ちかけた。社民党内では積極論の一方、連立を組む民主党の保守系や国民新党が新社会党の影響力を嫌うとした慎重論も根強い。

 新社会党は、村山政権当時の社会党が自衛隊や日米安全保障条約を容認したことなどに反発した衆参5人の議員が離党し、1996年に結成。現在、国会議員はおらず、政党助成法の政党要件を満たしていない。全国で100人超の地方議員がいる。

(2010年2月21日03時06分 読売新聞)


 自分は新社会党という政党を初めて知りました。村山内閣当時、自分は小学生でしたので当時の経緯が全く記憶にありませんが、調べてみると自社さ連立政権は現在の民社国連立政権にこれから共通していく部分もあるような気がします。
 もちろん当時も色々な背景があったみたいですが、これから社民党が民主党への態度を硬化していくような事があり、自民党やその他の党から民主へ議員が流れるようなことがあれば、活字で見る限り自社さと民社国は重なる部分はあると思います。やはり3党の連立政権というのは中々、無理があるのかも知れませんね。思想が違う党同士がくっついたところでいずれ綻びが出てくるのは明白です。逆にそうでなければ、党を分ける必要があるとは思えません。別に教訓になるような話であるとも思いませんが。

 しかし、大きな党がギリギリ議席が足りないために他の小さな政党に頼り、結果振り回される。もちろん、日本を良くするためにという大義があるのならば、その小さな政党の行為は間違いでは無いと思いますが、何となく自分は違和感を覚えます。それで政府が暴走するブレーキが効いているのであれば、良し悪しは判断できませんね。


 ↓よろしければクリックお願いします。ランキングに反映されれば意見を頂ける機会も増えると思いますので。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

 
 
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

夫婦別姓「私も党も反対だ」と亀井金融相

> 国民新党代表の亀井金融相は15日の衆院予算委員会で、政府が検討中の選択的夫婦別姓を導入する民法等改正案について「私は反対だ。国民新党も反対だ」と述べた。

> 「国民新党が合意しなければ閣議にかけることはできない」とも強調し、基本政策閣僚委員会などで法案の国会提出に反対する考えも示した。

> 亀井氏は反対の理由に関し「身も心も一緒になりたいのが結婚の心情。家族の絆(きずな)を大事にしていく中で、夫婦別姓を取り上げなくてはならないのか」と語った。

> 一方、民主党が公共事業予算の「個所付け」の情報を都道府県連に流していた問題で、共産党の穀田恵二氏は個所付けの公表のルール化を求めた。前原国土交通相は「今回の反省も含め整理したい」と、前向きに検討する考えを示した。

>(2010年2月15日19時29分 読売新聞)



 まったくもって同意見です。何のために夫婦別姓という議論が出たのか理解できませんし、今のままでいけない理由もわかりません。東アジアでは夫婦別姓が普通である、という論拠もあるようですが、他国に合わせる理由は全くありません。

 個人的には今さら、あえて子供が片方の親と別の性を持つ事にも違和感を感じます。



 ↓よろしければクリックお願いします。ランキングに反映されれば意見を頂ける機会も増えると思いますので。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

珈琲喫茶 支配人

Author:珈琲喫茶 支配人
群馬県に住む23歳です。
昨今の政治情勢を憂い、自分に何か出来ないかと思いましたが、まずは政治に詳しくならねばと思い、政治を学ぶためにこのブログを立ち上げました。
今の日本の政策について政治家や評論家の意見を聴くだけなら簡単ですが、自分自身の視点から意見を持つ事が重要だと思うようになりました。
日本の為になる本当の政治について真剣に考えていこうと思います。
政治に関しては完全な素人なので何か指摘があればお願いいたします。

個人的な日常のブログもしています。以前はこのブログで時事問題等も一緒に扱っていたので、よろしかったら見に来て下さい。
珈琲喫茶 Four Seasons

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード