FC2ブログ

選挙について

本館ブログを更新したので、久しぶりにこちらも。

参議院選挙が近いですね。
という訳で、選挙の話。

先日、父と話していて投票率の話になりました。
今回も投票率は高くないだろうな、と、まぁそんな感じの話です。

父は投票率が高くないのは政治が悪い、というスタンスです。
誰が議員なっても大して変わらないという感情が、選挙権者にあるからだと。

まぁ、間違っていないのかもしれませんが、僕は少々違う意見。

やはり、投票率が悪いのは国民が悪いのだと。
誰が議員をやっても変わらないとすれば、それは投票率が悪いから!
というのは要因の一として絶対あると思うんですよねー。

折角、ご先祖様が勝ち取った権利なんだし、権利は使ってなんぼでしょ。

以前より、時事ネタの関心も薄れてきましたが、
こっちのブログもぼちぼち更新していきます。


 ↓よろしければクリックお願いします。ランキングに反映されれば意見を頂ける機会も増えると思いますので

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

「天皇陛下の公的行為」政府見解の全文

> 政府がまとめた天皇陛下の「公的行為」のあり方に関する政府見解の全文は、以下の通り。

> 1、いわゆる天皇の公的行為とは、憲法に定める国事行為以外の行為で、天皇が象徴としての地位に基づいて、公的な立場で行われるものをいう。天皇の公的行為については、憲法上明文の根拠はないが、象徴たる地位にある天皇の行為として当然認められるところである。

> 2、天皇の公的行為は、国事行為ではないため、憲法にいう内閣の助言と承認は必要ではないが、憲法第4条は、天皇は「国政に関する権能を有しない」と規定しており、内閣は、天皇の公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負っている。

> 3、天皇の公的行為には、外国賓客の接遇のほか、外国ご訪問、国会開会式にご臨席になりおことばを述べること、新年一般参賀へのお出まし、全国植樹祭や国民体育大会へのご臨席など、様々なものがあり、それぞれの公的行為の性格に応じた適切な対応が必要となることから、統一的なルールを設けることは、現実的ではない。

> 4、したがって、天皇の公的行為については、各行事等の趣旨・内容のほか、天皇陛下がご臨席等をすることの意義や国民の期待など、様々な事情を勘案し、判断していくべきものと考える。

> 5、いずれにせよ、内閣は、天皇の公的行為が憲法の趣旨に沿って行われるよう配慮すべき責任を負っており、今後とも適切に対応してまいりたい。

>(2010年2月25日03時04分 読売新聞)


 自分の年代になってくると天皇陛下に特別に感情を抱いている人はあまり見掛けませんが、それでも中国の習近平国家副主席が訪日した時の所謂「天皇の政治利用問題」の時には世間話程度に話にも上りました。

 意見としては、
 ・小沢幹事長は中国に天皇を差し出すつもりなのか
 ・中国からの見返りの方が気になる
 ・羽毛田長官は何故、職を賭して断らなかったのか?対応が中途半端だ
 ・意見を言えない天皇の立場が可哀そう

 と、まぁ色々あった訳ですが。自分の意見としてはやはり、このような前例を作るべきではなかったと思います。内閣が責任を持つ、結構な話ですが結局のところその報いを受けるのは国民です。別にそれはこの問題に限った事ではありませんが、対外国的な問題かつ天皇という日本にとってかなりデリケートな部分でこの判断は如何なものであったか。責任をとるというのは最終的には内閣の解散で、それによって問題が解決される訳ではなく、外国に与えた影響は次の内閣にも影響するのは当然の事です。
 この問題に関しては過ぎてしまった事なので、あまり言っても仕方のない事かも知れません。

 自分が気にするのは、今回の政府見解の3です。統一的なルールを設ける事は現実的ではない、とありますが、これは先の問題をまた繰り返すという事なのでしょうか?統一的なルールを設けて杓子定規に適用されるからこその公平公正な天皇陛下の公的行為ではないかと思います。
 4に説明されているのはその前提ではないか。様々な事情を勘案し、天皇陛下の公的行為の内容を決め、公平公正なルールに則って進めていく。それではいけないのでしょうか?

 
 ↓よろしければクリックお願いします。ランキングに反映されれば意見を頂ける機会も増えると思いますので

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

八ッ場ダム工事に談合?国交相「調査したい」

> 群馬県長野原町の八ッ場(やんば)ダム建設工事の入札を巡り、民主党の中島正純議員は24日、衆院国土交通委員会で、2001~08年度に発注された100万円以上の工事264件のうち、落札率95%以上の工事が180件に上るとする自身の調査結果を示して追及。

> これに対し、前原国土交通相は「談合が行われていたと疑われるような状況なので、できるだけ調査したい」と答弁した。中島議員は国交省や群馬県から提出を受けた資料を分析したという。

>(2010年2月24日17時57分 読売新聞)


 せっかく群馬に住んでいるので、今日は群馬の話題です。八ッ場ダムは自民党の小渕優子前少子化対策担当大臣のお膝元です。かくいう自分も小渕氏の選挙区の住民です。といっても八ッ場ダムを見た事はありません。

 さんざん言われている事ですが、民主党はこの選挙区に候補を立てて欲しかったですね。この問題だけを争点に候補者の擁立は難しいとは思いますが、これでは住民の理解は得難いです。夏の衆院選まで自民党王国と呼ばれた群馬ですが、5選挙区中3選挙区が自民敗戦、福田元首相はぎりぎり勝利、しかし小渕氏は圧勝でしたから。正直、八ッ場と同じ選挙区にありながら、自分の地元では八ッ場の話はほとんど出ない。騒いでいるのはメディアだけ、という印象でした。まぁ、自分の周りだけかもしれないですが。

 八ッ場ダムの是非は別として、談合があったとすればしっかり正してほしいと思います。もっとも、群馬で談合なんて当たり前の話なのかも知れないですが。偏見かな?


 ↓よろしければクリックお願いします。ランキングに反映されれば意見を頂ける機会も増えると思いますので。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

普天間移設に本腰、官房長官が水面下調整

> 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、移設先の取りまとめに当たる平野官房長官が、5月末までの決着に向けて本腰を入れ始めた。

 > 長官はここへきてようやく調整の難しさを実感し始めたようで、22日の記者会見では、米国に配慮して調整を水面下で進めるなど、慎重に対応する考えを表明した。それでも、沖縄などの関係自治体からは「頭越し」との批判が出る可能性がある。

> 長官は会見で、「途中段階で変に情報が漏れると、まとまらないケースもある。十分慎重にやらないといけない」と述べた。また、北沢防衛相が今月中の移設案の絞り込みを求めたことについて「2月中に出す、出さないを決めているわけではない」と述べ、期限の言及を避けた。米国に複数案を提示するかどうかについても「ノーコメント」と述べた。

> ただ、22日の衆院予算委員会の集中審議では「『こういうプロセスで』と頭で描きながら進めている」と述べ、すでに腹案があることを示唆した。

>(2010年2月23日00時41分 読売新聞)


 > 長官はここへきてようやく調整の難しさを実感し始めたようで

 これは少し穿った見方をしているのではないかと思います。……というかそう願いたい。まさか今頃になって本腰は無いでしょう。国民としては、日本の為にきちんと機能する基地が出来れば良い訳で、意見集約のために今は情報を出せないと言うのであれば、それは見守るしかないと思います。
 ただ、地元との意見調整に入れば、どうやっても情報は出てきてしまう訳ですから、その時期によって5月内決着が可能かどうかは見通しが立つと思います。今さらそれは無理という論もありますし、自分もそう思いますが。

 これにからんでもうひとつ。鳩山首相は、移設先の決定期限を5月末とした理由について「昨年12月の時点で、せいぜい半年だなと思った」と発言したらしいですが、何の根拠も無しに対外国的な交渉をして頂いては困ります。


 ↓よろしければクリックお願いします。ランキングに反映されれば意見を頂ける機会も増えると思いますので。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

自民が審議拒否の方針、小沢氏ら国会招致求め

> 国会は22日、政治とカネの問題が焦点となった長崎県知事選で自民、公明両党の支援した候補が当選したことで、野党が与党との対決姿勢を鮮明にした。

> 自民党は同日朝、党本部で役員会を開き、与党が小沢民主党幹事長らの国会招致などに応じない限り、国会審議を拒否することを決めた。民主党は自民党の要求を受け入れず、3月2日までに2010年度予算案を衆院通過させる方針だ。鳩山首相は記者団に政治とカネの問題が知事選の結果に影響したとの考えを示した。

> 自民党の谷垣総裁は役員会後、記者団に対し「予算案の審議日程を考えると、政府・与党と対決するのは今をおいてほかにない」と述べた。

> 衆院予算委員会は22日午前、10年度予算案に関する一般質疑を行ったが、自民党は欠席した。自民党の審議拒否は今国会で初めて。公明党などほかの野党は出席した。予算委は午後、鳩山首相が出席して「経済・外交」をテーマに集中審議を行った。

> 一方、自民、公明、共産、みんなの党の野党4党による国会対策委員長会談が同日午前、国会内で開かれた。

> 自民党は今後の国会対応に関し、〈1〉政治資金規正法違反で起訴された石川知裕衆院議員(民主党離党)に対する辞職勧告決議案の採決〈2〉鳩山首相の偽装献金事件で元秘書らの証人喚問〈3〉小沢民主党幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件で小沢氏本人の証人喚問――などを与党に要求していく方針を伝え、各党も大筋で了承した。会談後、自民党の川崎二郎国対委員長らは横路衆院議長と面会し、与党への働きかけを要請した。

> ただ、自民党以外の野党各党は審議拒否に同調しない考え。自民党内にも審議拒否に否定的な意見は根強く、同日朝の役員会でも、「証人喚問とか、議員辞職勧告決議案の採決に、与党が応じる訳がない。出口も考えずに審議拒否をしてどうするのか」(参院幹部)との声が出た。

>(2010年2月22日12時01分 読売新聞)


 本当に引用記事の最後の一文に尽きると思います。使い古された言い方かもしれませんが、審議拒否は目的ではありません。証人喚問、議員勧告決議案の採決が目的であれば、手段が審議拒否だけであればそれが叶う筈はありません。逆に今の日本では世論に理解を得るのは恐らく難しいでしょう。自分は自民党を積極的に応援するわけではありませんが、審議拒否は与党側に付け入る隙を与えかねません。

 自民党にも有能な議員の方は多くいらっしゃると思いますが、たった一回の愚で国民の信頼は大きく揺らいでしまうでしょう。自分は子ども手当や、高速道路無料化が良い政策だとは思いませんが、ここまで来れば、数の論理で今の予算を通されてしまうのは避けられません。ならば、今はその予算の欠点を只、国会の場で訴えていくしかないと思います。証人喚問や、議員勧告決議案に関しても同様です。国会議員が発言する場所は多々あれど、あくまで第一義的には国会がその場です。その結果で参院選を勝負すれば良いじゃないですか。

 自分は政策や政治はよく知りませんし、素人です。しかし一国民として、国会で議論をする権利を放棄している議員が「国会議員」と呼ばれるのは、かなりの怒りを覚えます。


 今の与党の政策は、財源不足や連立した党同士での思想に揉めています。自民党はもはや頼れる存在ではなく、今の日本には、みんなの党などの政権を担当した事のない新党に、運命を任せられるほど体力が残っているとは思えません。民主党が迷走していると、連日メディアは面白おかしく報道していますが、日本自体が迷走しているのだと何故言わないのでしょうか?

 今は国民が国政に対し、どれだけ神経質になっても足りないくらいの危機だと考えるのは、自分だけでしょうか?長崎県の知事選、自民・公明の支援を受けた中村氏が与党推薦の橋本氏に大差をつけて圧勝しました。投票率は60.08%だそうです。知事選と国会議員選は違うとはいえ、まだまだ投票率は足りない気がします。


 ↓よろしければクリックお願いします。ランキングに反映されれば意見を頂ける機会も増えると思いますので。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

珈琲喫茶 支配人

Author:珈琲喫茶 支配人
群馬県に住む23歳です。
昨今の政治情勢を憂い、自分に何か出来ないかと思いましたが、まずは政治に詳しくならねばと思い、政治を学ぶためにこのブログを立ち上げました。
今の日本の政策について政治家や評論家の意見を聴くだけなら簡単ですが、自分自身の視点から意見を持つ事が重要だと思うようになりました。
日本の為になる本当の政治について真剣に考えていこうと思います。
政治に関しては完全な素人なので何か指摘があればお願いいたします。

個人的な日常のブログもしています。以前はこのブログで時事問題等も一緒に扱っていたので、よろしかったら見に来て下さい。
珈琲喫茶 Four Seasons

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード